忍者ブログ
Admin*Write*Comment
新宿区西早稲田駅徒歩1分のアロマ&セラピーサロン
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SG220.jpg








(この写真は私の大好きな新宿御苑)


今年になって習慣になったことのひとつが瞑想(メディテーション)です。



以前から、本を読んで自分なりにやってみたりはしていましたが、

一度ちゃんと習ってみたいと思ってもいて、

そんなとき、あるご縁からその機会がやってきました。



講座に行く前の日。

まるで「明日は遠足♪」という子供のようなワクワク感が

私の中に沸いているのを感じました。


もっと詳細に言えば、

私の中のものすご~~~く深い部分が

明らかに「喜んでいる」感覚です^^



「なんだ、これ?」

と、思いましたが

「あぁ、そうか、魂が喜んでいるんだ。」

と納得したことを覚えています^^



私が習慣としている瞑想は、

マントラを使っていく瞑想です。


やり方もむずかしくはなくて、

椅子に座って目を閉じて

心の中でマントラをとなえるだけです。



瞑想をやったことのある方はよくお分かりかと思いますが、

なにも考えない「無」という状態になることが

ものすごくむずかしいのですよね(笑)



「無」は「無」なので、

それがどんな状態か言葉で説明するのは無理かと思います(笑)



「無とはこんなかんじだよ~。」

と説明する人がいたら、

それは「無」じゃないと先生は言っていました(笑)



人が一日に考えている事がらは、

5万とも6万とも言われています。

ものすごい量ですよね!

ぼ~っとしているときでさえ 

何か考えていたりしますからねぇ。。。



マントラは意味のない言葉になっているので、

頭の中でそれを言い続けることによって

絶え間なく浮んでくる「考え」を消していき、

あるいはまた

「考え」によって「マントラ」が消され。。。



「マントラ」

「考え」

「マントラ」

「考え」

・・・・・・


そうしているうちにある瞬間

ほんのすこしの間

「考え」も「マントラ」もなくなる瞬間が訪れます。


それでも毎回瞑想のたびにそういう瞬間が訪れるわけではありません。



瞑想講座にいらっしゃる方の中には


「悟りたい」


と思っている方もいるそうです。

(男性に多いと聞きました^^;)



そのお気持ち、分からなくもないですが、

「悟りたい」と思っていると悟れないような気がします、、、。



私自身がずっと瞑想を続けてきて感じたのは、


「何も期待しないでただ座る」


ときが一番充実している感じがします。



そして、瞑想後は、

その瞑想を判断しないようにとのことでした。



きっと

起こるべきことが起こるときに起こるのでしょうね。











わたしのサロン「アロマテラピーム・ミルト」のHPはこちら
http://homepage3.nifty.com/aromamild/
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 悟れない・・・
aki 2008/12/02(Tue)02:10:20 編集
そうそう!
私は雑念の鬼なので瞑想って実はかなり苦手です。
「無心無心・・・」と思いながら、明日着ていく服を考えたり、
今日のお夕飯美味しかったなとか、もう煩悩の嵐が吹きすさびます。

「無」は難しいですよね。
語れないからこそ無なのだし、そんな簡単に言葉で表せたら、
いままで修行してきたあまたのお坊さん達、号泣ですよ。
あ、いいなコレ。
どっかの本の帯に使ってくれないかな。
「全僧侶号泣!!心震える感動作!無の境地がこの1冊に!」
・・・売れないだろうな。

と、色々雑念が浮かんでしまうのですよ。
ああ、まさか実況で雑念が生まれる瞬間を書き込むことになろうとは。


「悟りたい」
いいですねえ。
なんとも生々しい欲望と、「悟り」という対極のコントラストが。
でも、昔からこういう欲望はやっぱりあるそうで、「放下着(ほうげじゃく)」というのが正にそれですね。
ちなみに、下着を脱ぐことではないそうです。
(当然のごとく勘違いして、「涼しそうでいいね」と言ったのは私ですが)
禅の言葉で、「悟っている」という意識すらもはやない状態のことらしいです。

ふと思ったのですが、
> 「何も期待しないでただ座る」
案外、砂浜でボヤーッと海を眺めてる瞬間ってそれに近いかもしれません。
とはいえ、それは瞑想という意識がないからこそなんですよね。
やっぱ、難しいです。
  • 実況ありがとうございます(笑)
尚子 2008/12/02(Tue)20:24:01 編集
akiちゃん、ほんとうにお久しぶりです^^
コメントありがとうございます。
かなり楽しく読ませていただきました(笑)

だれでも「煩悩の嵐」だと思いますよ~。
瞑想中も絶え間なく浮かぶ「考え」
私もそうです^^

だけど、マントラがあると「戻る場所」がある感じなのです。
「考え」がたくさん出てきても「あ~、こんなにでてきちゃって、、、」と思うかわりに、それを相手にしないでただ静かにマントラに戻っていくんです。
そのくり返し(笑)

>案外、砂浜でボヤーッと海を眺めてる瞬間ってそれに近いかもしれません。

そうですよね~♪
自然の中にいるときって、瞑想しているときに近い感覚を覚える時があります^^


  • ABOUT
新宿区西早稲田のアロマ&ヒプノセラピーサロン・ ミルトのblog ~地に足つけて光とつながる~
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • フリーエリア
  • 最新CM
[02/08 尚子]
[02/07 南 リリウ]
[04/30 尚子]
[04/30 ちあきん]
[04/22 尚子]
[04/22 尚子]
[04/21 Mitsue]
  • 最新TB
  • プロフィール
HN:
尚子
性別:
非公開
職業:
アロマテラピスト、ヒプノセラピスト
自己紹介:
2003年3月から新宿区西早稲田の自宅にてアロマテラピーサロンを開き丸6年。そして2009年3月から大好きな新宿御苑前にサロンを移転・ニューオープンしました。
新宿御苑前のサロンは南向きの明るい窓から新宿御苑が一望できる気持ちの良い空間でしたが、すぐ隣にビジネスホテルの工事が始まることになり、振動や音の問題を考慮し、引っ越すことに。
2012年10月からまた新宿区西早稲田にもどってきました。

スピリチュアルなことも好きですが、しっかりと地に足をつけて「たんたんと」生きていくことを大切にしています。
サロンのメニューはアロマテラピーのボディーとフェイシャル。そして2007年末からヒプノセラピーをはじめました。
自分の直感にしたがって今までいろいろなことを学んできました。
ヘッドマッサージ、セラピューティックタッチ、フラワーエッセンス、カラーセラピー、リフレクソロジー、ホットストーン、マナカード、NLP(神経言語プログラミング)、コーチング、心理学など。
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 新宿区西早稲田駅徒歩1分のアロマ&セラピーサロン All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]